結婚支援サービスの活用

結婚支援サービスの活用

戦前から続いてきた「お見合い」。
自分の親の知人や友人、あるいは世話好きのご近所の方々によって結婚相手を紹介され、自身で結婚相手を見つけることができないと、家族・親戚・ご近所含めて結婚の支援を受けることができました。

 

しかし今となっては、この「お見合い」という言葉は、あまり聞かなくなってきたのではないでしょうか。

 

結婚相手は自分自身で見つけるという風潮が強くなってきています。恋愛結婚が主流となってきたということもあるでしょうが、多くの若者が大学進学や就職を機に親元を離れて単身生活を始め、自分のことは自分でという考えが中心になってきたことや、恋愛の自由という文化が広まってきたこともひとつの理由のように思います。
ただ言えることは、結婚もしたくないのに親からの圧力や世間体のために、無理やり結婚せざるおえない時代は終焉を迎えています。

 

そして今や晩婚化・非婚化の時代。上記のような背景に加えて、昨今の日本の不安定な経済状況や雇用形態により、将来の経済状態に自信が持てないために結婚をためらったり、企業等で女性が活躍する場が増え、結婚よりも仕事を優先する女性が増えてきてこともあって、この晩婚化・非婚化に拍車をかけているように思えます。

 

とはいっても、結婚を望む若者が多いのも事実。ただ、「結婚したくても結婚できない。」「そもそも出会いがない」という悲鳴にも近い悩みを多くの方が抱えているのではないでしょうか。そのせいか、婚活をサポートする結婚支援サービス産業が、今、活気を浴びているようです。

 

ただ、闇雲にこのような結婚支援サービスを利用しても意味がありません。自己分析をしっかりと行い、己を正しく知ることから始める必要があります。
自分が求めるお相手の条件は何か、譲れるところ、譲れない条件は何か、どのような家庭を築きたいのか、子どもは?と自分の希望や将来の夢を明確にしておく必要があるでしょう。
上記のサービスを利用すると、うまくいけばすぐにでも条件の合うお相手との出会いの場を設けることになりますが、お互い結婚を前提としたお付き合いが始まるかもしれないのですから、自分の夢や希望をしっかりと相手に伝える必要がありますし、自己アピールも必要になってきます。そのためにも、まず、自分を知っておくことが重要です。

 

また、友人や知人の紹介、お見合いとは違って、自分で結婚相手を探すわけですから、たとえ結婚相談所にいる相談員のお世話になることがあるとしても、待ちの姿勢では結婚相手を掴み取ることは不可能でしょう。

 

自身で探すからこそ、積極性が求められます。上記のような結婚支援サービスを利用するということは、見えないライバルが多数いるということも知っておく必要があります。だからこそ、積極的な活動を通して出会いの場を増やし、自分が理想とするお相手を見つけていく必要があるのです。